台北へ /出張という名の旅 1日目

2018年01月28日

古い町並のイメージを求めて、弾丸3泊4日

 

 

古い町を見てみたくて、台北へ。

新しいお店のイメージ作りも兼ねての訪問。

福岡空港から、桃山空港まで2時間、

飛行機は、Tiger airをチョイス。

福岡マイナス1度→台湾18度 暑い!!

空港チェックインは、割とスムーズで

旅には欠かせない、ポケットwifiを空港で受け取り 

下調べしていた通りに、空港で 悠遊カード (ヨウヨウカー)を購入する。

カード代金100元 / +必要な分だけお金をカードに入金(top up)する。

このカード色々なデザインがあるようだけど、空港では

アニメ柄しかゲットできず。悠遊カード使うと、電車&バス乗れます。

しかも運賃が20%やすくなり、乗り継ぎ時には、8元やすくなる。

何度も交通機関乗る人にはオススメ。 

 

 

今回の旅のホテルは、

高層タワーが続々OPENしている

信義エリアにある、made in 台湾を売りにしている

home hotelをチョイス。ちなみに、大安エリアと2店舗あるので
(2018年1月現在)間違えないように!!

周辺は、徒歩圏内に台北101、三越、微風百貨店等、百貨店

オフィス、ナイトクラブがあるので、昼と夜では

かなり様子が異なる。部屋までクラブの低音が響いてたので

静かに過ごしたい方には、向かないかも。

私は、もちろん楽しんだ。

 

 

ホテルに到着したのが

夕方16時頃、この日は事前に予約していた

客家人料理のレストランへ向かう。(中国語話せないので、事前にホテルの受付に予約を依頼していた)

この旅には、妻も同行している。私の40歳の誕生日をその店でお祝いをした。

 

 

店名:客家小館 

住所:台湾新北永和區智光街22號

 

(参考までに)

※食後のデザートと、茶は提供されます。

※2人で6皿もオーダーしたが、食べきれず3皿くらいがベスト。

※屋台と比べると料金高めだけど、日本円で1人3000円-4000円程度

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
どの皿も絶品料理でした。また再訪問したいな。
食事終了後、夜の台湾の町を少し歩いてみた。
 
 
 
 
 
 
この日は、食後に、台湾のアンダーグランド音楽シーンを
見てみたかったので、 The wall (ライブハウス)の店内にある
konerへ。(smoke mashine のイベントに行きたかったが、タイミング合わず)
この日は、アンビエント-テクノの水曜日のレギュラーイベントだった。
konerびっくりするほど狭い(笑)
 
■The wall
台北市羅斯福路4段200号B1F
 
 
 
 

 

1時間ほどお酒を飲んで、この日はホテルへ。

 

 

明日に続く。 

 


 


台北 ナイトクラブ 台北テクノ homehotel 客家小館 台湾