台北へ / 出張という名の旅 2日目

2018年01月29日

台湾茶を求めて 小慢へ 

(食べ歩き記録)

 

 

2日目の朝、早起きして

ホテルから徒歩で行ける場所で

人生初めての、豆花を食べてみる。

(豆花→柔らかい豆腐のデザートみたいな物。)

 

台北で豆花の食べれる場所を、調べていて、

この店の甘さが控えめで、すっきりしてるという

情報を見て訪問してみた。予想通り好みの味。

 

店名:栄・嘉義伝統豆花

住所:永吉路30巷158弄2號

 

 

暖かい豆花を選択 (トッピングは3つ選べる)

あずきと、うぐいす豆?とゆでピーナッツを選択。

 

 

 

ここからバスに乗り

 

小慢のあるエリアへ移動。

さっき食べた、豆花でお腹いっぱいだったのもあり

周辺を散策してみることにした。

 

人気の個人店の周辺には

感性の近い店がある!てのが持論なのだけど

気になる店があるけど、まだ空いてない。

(飲食店以外は、割と12時とか2時くらいからの店が多い)

日本より南の位置にあるので、街の中の緑が濃い。

古い建物も、うまく庭先の植物でいい感じの雰囲気。

 

 

 
















 

途中、地元の人たちの行列を

見かけたので並んでみる。

 

 

 


絶品パイナップルケーキのお店

1個食べながら街歩き、30個くらい日本に持ち帰り。

SPITALで僕の出勤日に食べれるかも?

 

店名:手天品

住所:台湾台北大安區潮州街188-1號

 

 

 

 

 

小慢へ




 











 

台湾の陶芸家の羅翌慎の展示会が

ちょうど開催されていたので器を購入。

運が良いのか、店内は私たちのみだったので

ゆっくりとしたお茶の時間を過ごした。

 

 

店名:小慢

住所:台北市大安区泰順街16巷39号

 

今年は、茶がテーマになりそう。