台北へ / 出張という名の旅 3日目

2018年02月01日

日本が昔、統治していた場所へ

 

 

気がついたら最終日、時間が許す限り歩く

下調べしていた、台湾の少数生産のオーガニック食材購入できる

樂埔匯農へ。元々日本が統治していた時代に穀物倉庫として

利用されていた場所。(現在は、政府管理)

店内は、撮影禁止だったので写真はないけど、

いい具合の商品数で、試食もしてくれたので

勿論爆買い。台湾バナナのうまささにビビる!

スターフルーツの生絞りジュースも新しい味。

 

店名:樂埔匯農 (ローブーフイノン)

住所:台北市松山區八德路二段346巷3弄2號

WEB:http://no1foodtheater.com.tw/content/Index.aspx

 

 

 

 

 

次は、今日のメインとして

ゆっくり時間をかけてみたかった

華山1914文創園区へ (日本統治時代のの酒造工場跡地)

古い建物の残し方とか、絶妙すぎる。

 

これ企画した人、調べてみよう。

  

 

 

 

 

 

 





























北九州市の門司港の倉庫エリアも

 

こういう使い方すれば、観光客も地元民も

集まると思うのだが、、、。

是非、関係者の方は、視察してほしいと思います!

続きは、明日の記事に。